All posts tagged: Webセキュリティ

セキュリティエンジンにAIを搭載、VISION 4月リリース

昨今、AI がセキュリティ業界にまで浸透しています。 多くのセキュリティベンダーが自社のソリューションにAIを導入する準備をしていて、 クラウドブリックも、AIが既存のセキュリティエンジンをより進化させる為に研究をしてきました。 その結果、ディープラーニングマシンをセキュリティエンジンに適用できる技術を開発し、現在日本・米国・韓国で特許出願を完了しています。 セキュリティエンジンにディープラーニングマシンを適用する方法とは? 一般的にディープラーニングマシンの学習には68個の文字のみが認識されます。 これは英語の小文字・数字・一部の記号になっており、英語の大文字や様々な記号、各国の言語まで使用されるWebトラフィックを学習するには限界があります。 […]

Read more

前年比売上570%増、グローバル市場で活躍するクラウドブリック

世界50カ国で1万以上のユーザを持つ、クラウド型WAFサービスのCloudbric(クラウドブリック)は、日本市場において前年比570%の 売上 増を実現したことを明らかにしました。 これは、グローバル市場でのノウハウを活かし、日本市場をターゲットに本格的に進出してからわずか1年の成果として、その意味があると言えます。 海外製品として、日本市場に対しては後発で市場参入した分、既存の日本国内サービスベンダーによって形成されているサービス型WAF市場においての差別化ポイント、 海外製への懸念としてサポート体制の不安、日本国内の名前を挙げられる導入実績等、多くの難題を解決しなければならない状況に直面しました。 昨今Webセキュリティに対する日本ユーザのリテラシー向上に伴い、クラウドブリックの攻撃検出の特許技術であるCOCEPエンジン※1が注目され始め、 従来型WAFのシグネチャーベースではなく、構文解析(Semantic)・ふるまい(Heuristic)・比較解析(Comparison)の手法により高度に解析される検出方法こそ、サービス型WAFを選定する際の決め手になりました。 […]

Read more

クラウドブリックの全て、FAQ

クラウドブリック の全て、FAQ いつも多くの方々に機能やサービス内容などに関するお問合せを頂いております。 新年を迎えて、日頃の感謝を込めて「よくある質問」をまとめてみました。 皆さまの疑問が解消されればと思います。   Q1.Signature-Freeとはなんですか? 従来のシグネチャー型検知方式とは異なり、クラウドブリックは「論理演算検知基盤エンジン」を搭載してシグネチャーを使用しない論理ベース検知方式を採用しています。 […]

Read more

Cloudbric、2018 Stevie Awardsで銀賞受賞

  クラウドブリックが第5回スティービー・アジア・パシフィック賞の技術開発革新部門で銀賞を受賞いたしました。 “王冠”という意味のギリシャ語の“Stefanos”から名付けたスティービー賞は、過去16年間に亘って「国際・ビジネス賞」のようなプログラムを行っている世界有数のビジネスアワードであります。 2014年の初開催以来、スティービー・アジア・パシフィック賞はアジア太平洋地域の22か国から企業革新を認定して貰える唯一のビジネスアワードプログラムです。 今年のスティービー・アジア・パシフィック賞の金・銀・銅賞候補は、世界中の約100人以上の様々な分野のエグゼクティブより革新的な業績に対する優秀性を評価されました。 そのうち、銀賞を受賞したクラウドブリックは、2017年に成し遂げた革新的な技術開発を認定されました。 特に、ユーザーのSSL証明書管理に手間が掛からないように自動リニューアルされる無料SSLサービスが高く評価されました。 クラウドブリックは今後もWebサイトセキュリティに関する知識が少ない人でも簡単にアクセスして使用出来るサービスを提供していきます。 […]

Read more

【コラム】安全なインターネットの基準、WAF

「今やWeb時代、その時代こそ Webセキュリティ が肝心!」 Webセキュリティ、これでもかとあきれるほど耳にする言葉です。 それにもかかわらず、その重要性があまり認識されていないのが実情です。 そのため、何度も繰り返して言いますが、Webセキュリティは、重要です! 物事はすべてインターネット、つまりWebを介して行われているのに、どうしてWebセキュリティは疎かにされているのか、考えてみましょう。 残念なことに、その答えは既に出ています。「安全なインターネットとは何か」、に対する正確な概念がないためです。 […]

Read more

【コラム】情報セキュリティの環境変化とWAFの位置づけの変化

情報セキュリティの環境変化とWAFの位置づけの変化 22ヵ国50社の企業経営者を対象に行ったアンケート調査結果のまとめによると、今日の企業経営における最大のリスクは、「経済の不確実性」が1位で55%を占めており、「サイバー脅威」が50%の2位となっています。 しかし、経営の一線からは、「サイバー脅威」を最大リスクだと訴える声が多数です。 経済の不確実性は常に言及されているリスクであるため、水があるのがあたりまえのように当然のこととされますが、新しく登場したサイバー脅威はなじみの薄いものでありながら、その勢いはますます強くなっています。 また一度事故が起きたらすべてのメディアが先を争って報道しており、事後処理も困難でどうしたらいいのかという困惑の声も多くなっています。 サイバー脅威における最も深刻な問題は、その概念自体があまりにも難しくて何を言っているか解らないということです。 関連書籍を探してみても熟練された技術者向けの技術書か理論とは言えないでたらめな経営書かであるため、学びたくても学べないのが現実です。 そのため、経営と技術の間のギャップはさらに広がり、その隙間を狙う犯罪者や詐欺師によるICTに関する各種事件が相次いでいます。 […]

Read more

【コラム】Webアプリケーションのセキュリティを強調する理由

ハッキングの70%以上がWebを通じて行われている分、Webセキュリティは必須になってきました。 Webセキュリティの安全性を確保する為には、 企業のセキュリティ担当者がWebセキュリティに対して充分理解した上で自社のITシステムに合ったWebセキュリティを構築する必要があります。 しかし、多くの企業がWebセキュリティを正確に理解出来ていません。 今回はWebセキュリティを簡単に理解出来るようにITシステムの全般的な仕組みからWebセキュリティがITシステムにどう適用されるかまでご説明いたします。 まず、ITシステムに関する理解とWebセキュリティの概要について述べます。 「目次」 1.「クライアント₋サーバ」の仕組みに対する理解 […]

Read more

【コラム】ハッカーはなぜ中小企業をターゲットにするのか

今回の話をする前に、「 ハッカー は大手企業のみを攻撃のターゲットにしている」という固定観念は、捨てた方がいいと言っておきたい。 「どうせ盗みに入るなら、お金持ちを狙う」という一般的な認識から、“ハッキングするなら価値のある情報を「たくさん」保有していそうな大手を狙うもの”といった考えに至るだろう。 しかし、ここが穴場である。大手を狙うコストを考えると、いくら成功した時に得られる情報が「たくさん」あってもハッキング自体、割に合わない仕事になってしまうのだ。 最近では、大手に比べIT予算が豊富にないことから、セキュリティ対策が十分でない可能性の高い中小企業をターゲットにする傾向が見られているのである。 先日、シマンテック(Symantec)が公開したインターネットセキュリティ脅威レポート(Internet Security […]

Read more

【コラム】安全なWebサイトの基準になる国際標準とは?

このWeb全盛期時代、 セキュリティ は最も重要ーー。   いくら強調しても、なぜWebセキュリティが重要なのか、その本質まで理解してもらえないケースがよくあります。 今回もこの場を借りてWebセキュリティの大切さについて訴えたいと思います。  今の時代、グローバルはインターネットですべてつながっており、インターネットを介しすべてのことが疎通していると言っても過言ではありません。 にも関わらず、Webのセキュリティについては、誰も目を向けようとしない。その理由は、「安全なインターネット」は、一体何なのかよく分かっていない人が多いからだと考えます。 「安全なインターネット」とは? 皆さんがよく使う言葉で、実はその意味を明瞭に分からずに使っている言葉が案外存在するかと思います。 […]

Read more