Web改ざん遮断

Webサイト改ざん

Home that says warning is being attacked by vandals writing bad words on the website
貴社のWebサイトは、改ざんされるかもしれません。
Webサイト改ざんは、ただのハッカーの娯楽のように見えますが、実は、貴社のWebサイトの管理者権限を取得したことを意味しているため、改ざんは、貴社のビジネスに直接的に影響を及ぼす恐れがあります。
画像の張り替えや一部の文字の書き換えならまだしも、管理者権限の取得後、本格的なハッキングが開始されたら、サービス不可は当然のことで、お客様からの信頼もガタ落ちとなります。結果、貴社のブランドイメージの失墜とともに売上減少にまで繋がる等、Web改ざんというハッカーの娯楽により貴社のビジネス基盤にクリティカルな影響を及ぼします。

01. 会社ブランドイメージに悪影響

金銭的損害を目的に金融機関等のセキュリティの厳しい場所を狙うハッカーもいる反面、ただの娯楽でハッキングを楽しんでいるハッカーもいます。このようなハッカーの悪戯により、貴社のビジネス全般に悪影響を及ぼすことがありますので、笑っていられない状況となります。

02. Webサイト改ざん

フィッシングは、ハッカーが偽造した本物のWebサイトとそっくりなWebサイトを一般ユーザに表示し、個人情報を入力するように仕向けることです。これは、Webサイトのソースコードを変更することだけであるため、非常に簡単にできてしまい、Web管理者すら偽造されたWebサイトなのか半判別がつきませんので、一般のユーザならそのまま個人情報を入力してしまいます。

03. トラフィック改ざん

貴社のECサイトにて定価10,000円の商品が1円で売られてしまうことを想像してみましょう。ハッカーはトラフィックを改ざんすることで、簡単にこのようなことができてしまいます。クラウドブリックを導入することでこのようなハッカーの不正アクセスを確認し対応することができます。