個人情報漏洩遮断

対応にコストがかかる情報漏洩事件

Thieves going into a home that says my web and stealing information such as passwords
個人情報漏洩の本当の問題は何?
アメリカでは、毎日10,000件以上の個人情報が漏洩されています。これは、今この瞬間でも誰かの個人情報が漏洩されていることを意味します。アメリカの話だから日本は関係ないと断言したいところですが、貴社のWebサイトも例外ではありません。的確なセキュリティ対策がとられていないと、貴社のWebサイトに訪問されているお客様の個人情報が関係のない第三者へ漏洩されてしまいます。
個人情報の保護はPCI-DSSやHIPAA規定のようなコンプライアンスによって定めれており、お客様の個人情報を扱っている会社なら、その量には関係なく責任を持って十分なセキュリティ対策をとる必要があります。もしもセキュリティ対策が実施されてない状態で個人情報が漏えいされてしまったら、刑事責任に問われ、長期間にわたり膨大な経済的損失を引き起こす可能性も懸念されます。

01. 個人情報漏洩

ECサイトを運用し、オンライン上クレジット決済システムを採用している全ての会社および個人は、PCI-DSSのコンプライアンスに準拠し、セキュリティ対策をとることを推奨されます。これは、セキュアコディングを行うか、もしくは Webアプリケーションファイアウォールのサービスを利用するかの対応をすることを意味します。
電子商取引に関わる事業者にとってセキュリティ対策は、オプションではなく、必須です。

02. アカウント情報漏洩

ハッカーは貴社のWebサイトからアカウント情報を盗み、悪用することができます。
多くの人は同じIDとパスワードを複数のWebサイトに対し、使い回ししており、ハッカーも当然ながら、この盲点を突いてきます。アカウント情報を取得のために採用する攻撃ツール、例えば自動化されているブルートフォース攻撃用のツールもWeb上で回っているため、誰でも簡単に入手できます。