Webサイトを守る最も安全な方法

Home / セキュリティコラム / Webサイトを守る最も安全な方法

賢い WAF製品 の選び方


NICTER(国立研究開発法人 情報通信研究機構)が発表した2017年観測レポートによると、2017年に30万IPを対象に観測を実施した結果、約1,500億パケットが観測されてIP当パケット数は約56万に至りました。
これは2016年に比べて約1.2倍の増加になります。
(NICTER観測レポート2017,NICTERサイバーセキュリティ研究所サイバーセキュリティ研究室,2018,http://www.nict.go.jp/press/2018/02/27-1.html)
Report(NICTER観測レポート2017,NICTERサイバーセキュリティ研究所サイバーセキュリティ研究室,2018,http://www.nict.go.jp/press/2018/02/27-1.html)
このように、Web攻撃は毎年増加していてその攻撃方法も多様になっています。
これによって、多くの企業がWAFの必要性を認識して各社の基準に合うWebセキュリティサービスを導入しています。
数多くのWAFサービスの中でどのサービスを選択すればいいのか悩んでいる方々の為に、今回はクラウドブリックを選択すべき理由を3つの側面からお話しさせて頂きます。

【機能面】

今まで受けた攻撃のパターンをデータベース化して該当する攻撃を受けた際に防御する事を「シグネチャ型WAF」といい、大半のWAFサービスがこの方式を採用しています。
企業で直接データアップデートをしなくてもいいので社内業務負荷が軽減し、様々な攻撃パターンに備える事が出来るのがポイントです。
しかし、今まで一度も無かった攻撃は防御出来なくて、データベース肥大化によってパフォーマンス鈍化や過剰検知などが発生して誤検知率が増加する恐れがあります。
Cloudbric WAF
このような問題を解決する為、クラウドブリックのWAFは自社独自開発の論理演算検知基盤エンジンを搭載して攻撃のパターンだけではなく属性まで把握して、今まで無かった攻撃を防御出来るようにしました。
この機能によって誤検知率が低くなり、Webサイトユーザが比較的にストレス無くサイトを利用出来てユーザの離脱を防止出来ます。
該当技術は韓国/日本/米国/ヨーロッパ/中国で特許を取得しました。

【運用面】

クラウドブリックのWAFは顧客専用サービス環境を構築してカスタマイズされたセキュリティ政策で運営出来ますし、DNS変更だけでWAFの導入が出来るので現在使用しているシステム環境を変更しなくても利用可能です。
また、維持においても素早い対応で社内リソース負担を減少させ、社内業務過負荷を防止出来ます。
Console
そして、クラウドブリックの紹介で外せない機能の一つに「ダッシュボード」があります。
インターネットが使用出来る環境であればいつどこでもWebサイトの管理現況を確認出来て、WAFに関する知識があまり無い方でもすぐ把握出来る見やすい画面構成になっています。
この点はWebセキュリティ状況を可視化して社内セキュリティ意識を高めるだけではなく、クライアントに可視化されたセキュリティ状況を提示して信頼度を高める事も出来ます。

【費用面】

今までWAFは高価のハードウェアと維持費用の負担により大手企業のような費用負担が可能な企業のみ導入出来るサービスでした。
しかし、クラウドブリックのWAFはハードウェアが必要ないクラウド型WAFであり、月別支払いが可能なリーズナブルな価格政策を提供していて、スタートアップ企業や中小企業も少ない費用でご利用されています。
Price
また、SSL(Let’s Encrypt)及びDDoS防御などのオプション機能を無料提供して、簡単な予算案の作成を手助けしています。

他にもOWASP主要脆弱点Top10対応・既存SSL適用可能などの様々な長所を持っているクラウドブリックのWAFは、簡単に高い技術力のWebセキュリティを適用するに最適なサービスです。
このページをお読みになってクラウドブリックのWAFを利用してみたいと思いましたら以下のリンクにてお問い合わせください。
現在利用中のWAFの評価とクラウドブリックのWAFの体験を無料でご利用頂けます。

Cloudbircの製品情報はこちら
お問合せはこちら

Related Posts
cloud security cloudbric